味見

関西ローカル番組を見ていたら、

神の舌を持つ主婦が、なんちゃって吉牛を作る

っていうコーナーがありまして…

小鍋に出汁を作り、

小さなスプーンでぐるぐるかき回しながら

小皿を使わずに何度も味見をし (@_@)!

そこに玉ねぎと牛肉を投入して

お子さん達に食べさせたのを見て、

気が遠くなる (-_-;)

 

だいたい「白ワインを入れてフルーティーさを出す」

って既にサイゲンさんが全国ネットでやったし。

 

カリスマ主婦に厳しいハトムギ

明らかに嫉妬です (-_-;)

 

それにしても…

そんなだから、最近のカレールゥの箱に

「味見の仕方でとろみが出ないことがあります」

って、謎の注意書きが入るんですよ。

 

ってエラそうに言いましたけど…

 

新婚の頃のハトムギなんて、

早くに結婚した先輩主婦(元同僚)に、

「いつも味付け失敗するのよ(´-ω-`)」

って相談したら

「ちゃんと味見してる?」

と指摘され…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 

そう…

 料理本の手順に従うのだけで必死で、

味見を忘れてましたから!

 

子供の頃を思い返せば…

台所に立つ母に

「お母さんも食べる?」

とお菓子を持って行ったら、

「味が分からへんようになるからいいわ。」

と言われたもんです。あっぱれ!昭和のお母さん。

緑茶でゆすげば、リセットされるみたいですけどね。

 

ボロボロだし処分しようと出してきた新婚時代の雑誌。

f:id:platinao:20170924132514j:plain

パラパラめくっていると、以前書いたフルーツの話に

似た話が酒井順子サマのエッセイに。

f:id:platinao:20170924132541j:plain

ブログを読んでくれている友人も共感してくれたのに…

パクってしまっていたのかも (;'∀')

 

こわごわ読み返してみたら、

順子先生は

「結局、母が買ってた果物を自分も買ってる」

でした (;^_^A

ハトムギは定番を削って、珍しい物に飛びつく…ですから!

でも発想を得たのは間違いないです<(_ _)>

f:id:platinao:20170924132959j:plain

たまーに黄桃を見つけると買わずにおれない。

冷蔵庫で冷やさずに皮をむいて氷水に落とすって食べ方は、

山梨ご出身の林真理子先生のエッセイを読んでからです。