読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無意識ってこわい

一晩自宅マンションに戻ってから、ワタシの実家へ。

 

お昼前に着いて、お節とお雑煮に有り付こうと…

前の晩に洗濯しておいたのですが…ちょっとバタバタしました(^^ゞ

 

実家まで1時間の距離ですが…

 

10分ほど走った所で、

荷物に化粧ポーチを入れ忘れたような気がするワタクシ(-_-;)

 

「あのー、トランク開けて確認したいから、車停めてくれへん?」

タカシさん「は?(--〆)」ブルーで冷たさを表現してみました

「いや…だ、誰かに借りようかな(^^;)」

「そや、貸してもらったらええがな。」

「うん(T_T)」

 

(3分ほど経って)

「ああ、ブラシも髪の毛留めるやつもないんかΣ( ̄ロ ̄lll)

…やっぱり戻ってくれへん?」

「…」

「つ、着いたら100円ショップ行ってみようかな(^^;)」

 

(また3分ほど経って)

「ああ、どうしてもポーチを入れた記憶がないわ(;゚Д゚)

ちょっと引き返してくれへん?」

「…」

「でぃ…DHC直営店に午後からでも電車で行ってみようかな(ToT)」

 

やっと県境の山が目前に迫った頃に諦めたワタクシ( ;∀;)

2016コスメ大賞のランコムのファンデ買いに百貨店に行って、ついでに…

逆に夢が膨らんできました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

ええ、タカシさんを恨んでなんかおりません。

これは彼がオニなのではなく、ポーチを忘れたアタシの問題ですもの。

 

でも…でもね、火の元・戸締り確認を第一に考えて、

朝使った化粧ポーチをふと入れ忘れるってあるじゃない。

 

実家に着いて荷物開けてみたら、化粧ポーチ入ってました(@_@)えっ?

いやいや、\(^_^)/よかったー。

 

これが逆で、鍵閉めた方が無意識だと滞在中気になって楽しめないところ。

パートだってきっとそうよ。

男性が「行ってくるわ。」だけで出勤した後、

朝食の片づけして、子ども学校に送り出して、洗濯干して、火の元・戸締り確認して…

毎日になってくると、あら?閉めた記憶は今日だったかしら昨日だったかしら…

ともなると思う(´-ω-`)

広告を非表示にする